流感薬も飲めないなんて、お母様は大変です

「これから落ち着いてきた位かな?」として、女性を分娩した友達のところに行こうと思って連絡を取ったんだけど、流感を引いちゃったらしくって。

養育をしながらですから、今までよりも甚だしく一大んだろうなぁ・・・って思ったけど、バストで育てているから流感薬が飲めないって話してたんです。

「え、そうなの?」と思ったんだけど、自分が口にしたものが赤ん坊の口に入るというと飲めないらしくって。

確かに栄養分がただただ赤ん坊に行くんだから、薬となるとほんのり躊躇しちゃうかも。

召し上がる物体もかなり気を使っていて、脂っこい物品や甘いものは出来るだけ避けるようにしているって言っていたかな。

たいてい子育て疲れが出てきたんだは思うけど、ボディーがひどいときに遊びに行くのも悪いので、またの機会にすることにしました。

他にも牛乳をあげているとき、猫背になるから背中が痛くなったり、二の腕が痛くなったりすることもあるというから、実に体一律を使って子育てをしているんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です