パパの介護に携わって感じた事は気持ちの行き合いが援助

私のお父さんは1人で我ら親子を支えてくれた輩でした。自宅の親子は他の親子とふと違って僕というお父さん以外は総出体を壊す事が多くてお父さんは入院費などの病舎の富や私の学費を支払うので精一杯でした。

お父さんも63になって老後生涯がやがてという年頃で倒れてしまいました。脳梗塞で倒れてしまい半身不随になってしまいました。年間身の回り入院していましたが病舎でのリハビリをがんばりましたが、メンタリティが戻ってからは自宅で介護生活になりました。

設備に通うにはいまだに待ちが必要でそれまでは見物介護を利用しながらの我が家介護をする項目になりました。特別頑張って親子を支えたお父さんがこんな形で自宅にいらっしゃるようになるなんて感覚もしませんでした。

此度僕に見込める事はお父さんのリハビリの支援や私の周りの用心をする項目しか出来ないとやるせない精神といったこれからは介護で恩返しを通じていこうという複雑で重たい義務を感じながらの生活が始まるのだという気持ちでちょっと押し潰されそうになりました。

お父さんは自分が迷惑な体になるという煩わしさや悲しさで多少は無気力情況が続きました。何の適応も弱いのは悲しかっただ。お父さんの精神も考えれば受け入れられないのが人並みなのかもしれないだ。

お父さんが無反応も一年中話しかけて責めないように語りかけたりする事が一番難しかっただ。お父さんの頑張って来てくれた謝辞の精神や今のままもお父さんの事が大好きだからといったお父さんに心配にならないような触れ込みを一生懸命に探していました。

お父さんも段々適応してくれてその時は涙が出ました。ちょっとずつですがお父さんとの対談も弾むのが介護をしていく上で私の糧でした。

調子の良い状態だけではないけれど、健康管理の方も介護食のパウチなど高カロリーで栄養素が沢山あるものをちょこちょこ憂さ晴らしとお父さんのボディーも考えて買って夕食の時に出していました。ストレッチマークを作らないために使いたい妊婦さんのためのクリームがこちら